「金持ち社長」に学ぶ禁断の蓄財術

中小企業の社長がいかに納税を節約しているかを書いた本。
・自分の会社の経費で様々なもののお金を落とす
・小額の役員手当で所得税を節約
・会社を赤字かしておけば、法人税も収める必要なし

個人事業主でも、経費でさまざまなものを落とすことはできるが、残ったお金にはもれなく所得税がかかる。
会社を起こせば、会社の財布と、従業員の給与(役員手当含む)に分散されるから、節税がしやすいという内容だ。
ただし、会社を起こすと登記費用の年間30万円程度はかかるし、所得税も年収が少なければ安い。
ざっくりと1000万円程度の収入がなければ、会社を作っても節税にはならないらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =