一流のリーダーになる野村の言葉

ご存知、元プロ野球監督の野村克也さんの言葉をまとめた本です。
ちょっと前から、野村克也さんの著書を新たに見かけると、内容はともかく購入して一読しています。
私がプロ野球を見始めた1998年ころ、野村克也さんはバリバリのヤクルトスワローズ監督で、当時ID野球という言葉が、球界に浸透しつつあった時代でした。
パリーグの人気は、イチローというスーパースターが表れて盛り上がっており、セリーグはその1世代前のスパースター清原和博が金に物言わせて巨人に加入して、いよいよアンチ巨人ファンも毎年優勝候補に上る巨人をたたくことで盛り上がりを見せていました。
その一役を担っていたヤクルトスワローズは、ノムさんとその愛弟子と思われていた古田敦也中心に、実力以上の力を発揮する不気味な球団でした。
そんな中、私は、星野仙一監督全盛期の中日ドラゴンズに李鍾範が加入して、広いナゴヤドームに合わせた機動力中心のスモールベースボールが実力を発揮し出し、もう一息で優勝というところまで上り詰めたその魅力に魅了されていました。
でも、そんなスモールベースボールを打力”マシンガン打線”と地位の確立されたストッパー”大魔神佐々木”の前には歯が立たず、98年は惜しくも優勝を逃してしまったのです。

前置きが長くなりましたが、その時代から、ノムさんには一目置いており、次の阪神・シダックス・楽天と監督業を渡り歩いて、ある一定の結果を残し続けたノムさんには尊敬の念さえあります。
と、ちょっと自分の物言いが偉そうなことにいやな気がしますが、許してください。

この本では、「リーダーとはどうあるべきか」をテーマにして、ノムさんの過去の野球話から学ぶ教訓をまとめています。
私はリーダーと言われるような立場にはありませんが、いつそういった立場に押し上げられるかも分かりませんし、自分のリーダーを評価するうえでもこういった趣旨の本は大事にしています。それに、成果のでないリーダーへのアドバイスをすることもできるかもしれません。

以降は、この本を読んでメモした内容です。
・褒めらることはうれしいし、やる気に繋がる。だからこそ、周囲の人間を通じて褒める方法も試してほしい。
・「失敗と書いて、せいちょうと読む」という私の持論の真意は、まさにそこにある。打率は3割打てれば好打者といわれ、7割の失敗が許される。つまり失敗だらけのスポーツなのである。
・周りによい影響を与えるベテランを育てることが、リーダーには求められている。
・武田信玄はこんな明言を残している。
 「一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が出る」

そして、最後に「リーダーが部下を指導する際には、必要なのは根気と情熱である」

正直、今の私はあらゆる面で自信や希望を喪失しつつあります。
将来像に迷いも出てきています。まぁ、これらは最近始まったことではないのですが。
もう一度、自分の原点に立ち戻って、しっかり地に足つけて生きていく勇気を少しもらえた気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =